スポンサーリンク


 今回は、愛知県武豊町 ~住民の参加・社会活動の場としてのサロン~の取り組みを紹介します。

③愛知県武豊町 ~住民の参加・社会活動の場としてのサロン~


torikumi3
出典:厚生労働省「これからの介護予防」

【ポイント】

町、社会福祉協議会、大学が協働し、高齢者の社会活動活性化の為に「憩いのサロン」事業を開始

・当初は3会場から開始し、500m圏(徒歩15分で通える圏内)にサロン設置を目標とし増設

・「憩いのサロン」の支援体制が明確になっている。

   地域包括支援センター:立ち上げから1年間は自立してサロン運営が出来るよう支援。

              1年経過後は、日常相談支援、随時循環。

              隔月で、各サロン会場の運営者連絡会を開催しサポート

   町の福祉課:進捗管理、データ集約・分析、広報

   町の健康課:サロンに出向き、健康講話・健康相談を実施

   大学:町と協力して、効果検証、体力測定、認知症検査を実施

   社会福祉協議会:ボランティア研修・保健管理・講師派遣調整

 

【その他の情報】

  • あらかじめの申し込みは不要です
  • 開所時間内の都合の良い時間で、自由に参加できます
  • 参加費一人1回100円(茶菓子代)
  • どの会場でも、いくつの会場でも利用することもできます

※2015年8月現在では10会場での開催が行われています。

 

【参考リンク】

愛知県武豊町の憩いのサロンの詳細はこちらをクリック

※武豊町のホームページとなります。



スポンサーリンク