スポンサーリンク


 生活支援コーディネーター・協議体の設置・運営の具体的なステップを表にまとめました。

こちらの土台となっているのは、さわやか福祉財団が提唱されている、市町村におけるSCと協議体選出の具体的な展開モデルと厚生労働省が示している「コーディネーター」及び「協議体」設置・運営に関わるフロー(例)を元に、私なりのエッセンスを取り入れた表となっています。

生活支援コーディネーター・協議体の設置・運営の具体的なステップ

sc-kyougitai-step

【Word版】 生活支援コーディネーター・協議体の設置・運営の具体的なステップ

【PDF版】   生活支援コーディネーター・協議体の設置・運営の具体的なステップ

補足説明

 市町村レベルと日常生活圏域レベルと大きく2つに分けています。

 

市町村レベルでは・・・

①市町村レベルで生活支援サービスの充実に関する研究会立ち上げ

②ニーズと地域資源の把握

③市町村の方針の決定

④協議体の設置

という4段階を経て、ゼロから日常生活圏域に協議体を設置する事となります。

 

日常生活圏域レベルでは・・・

⑤協議体の活動開始

⑥生活支援コーディネーターの選出

⑦モニタリングの実施

という、具体的に地域で取り組みを行い、PDCAサイクルで効率化を図っていくという流れになります。

 

上記の流れでほとんどの市町村は「協議体、生活支援コーディネーターをどうすれば設置できるのか・・・」という悩みから抜け出す事が出来ると思います。

 

また、①~⑦の流れの隣の空白に、いつまでに実施するのか「時期」を記入しておくと、自分達がどの立ち位置にいるのか、自己分析を行う事ができるので、時期を記入される事をお勧めします。

 

Wordでダウンロードした場合は、改編が自由になりますので、カスタマイズしてご利用下さい。

 

実際に実施をした場合に疑問点などありましたら、お気軽にご相談を頂きたいと思います。

お問い合わせは → こちらをクリック



スポンサーリンク