スポンサーリンク


生活支援コーディネーターの行動の基本にあるのは、「活動理念」です。

どのような地域づくりのノウハウがあったとしても、活動理念がなければ、活動の継続化は難しく、方向性が誤った時に軌道修正を行う事ができません。

そこで、生活支援コーディネーターが持つべき活動理念をガイドラインでは下記の3つの視点から示されています

1.利用者への支援やサービスの質に関する理念

2.地域の福祉力の形成に関する理念

3.地域社会の持続可能性に関する理念

それでは、それぞれの理念を詳しく見てみましょう。

1.利用者への支援やサービスの質に関する理念

○地域のあらゆる主体の参加を得てサービスが提供できる体制を整える。

○高齢者が、地域での生活を円滑に行えるように、その人の状態に最適な生活支援サービスの活用を支援する

○生活支援サービスの質を担保する(役立つ、使いやすい、信頼がおける、自立や社会参加に資する、ソーシャルサポートを維持する)

仲間 支援を必要とする方が、どのような困り事をもっているのか、また、地域の課題はどのようなものがあるのか、きちんと把握をした上で、既存のサービスやネットワークをもとに、主体的に働きかけを行い、サービスが提供されるよう体制を整備する必要性を理解する必要があります。

また、福祉の視点を忘れてはならず、低所得の方でも、サービスの供給が行えるよう見通した体制づくりを含めて地域づくりを考えていく事が大切です。

まず、支援を必要とする利用者に最適なサービスをきちんと提供できるように、地域のあらゆる主体の参加を得て生活支援サービスが提供できる体制や基盤を作っていくことが基本です。 あくまでも、主体となるのは地域です。

行政などの支援者が主体となり、逆に地域の結びつきを切らすような事にならないよう、地域が自発的に活動し、自立して行けるようにコーディネート機能を働かせる必要があります。

2.地域の福祉力の形成に関する理念

○支え上手、支えられ上手を増やす

○地域の参加を広げ、地域の力量を高める

○地域とともにサービスや活動を作り出し、一緒に運営していく

ささえあい こちらでも、地域が主となり活動を促進していくという事になりますが、他者と協力をしながら、地域の福祉を作り上げていくという事の大切さが記されています。

まず、地域で支え合うという取り組みを始めたばかりの時には、どうしても多くの支援が必要となります。

そこで、既存の介護サービス事業所など、専門性を持った事業所とのパートナーシップを結び、伴走して地域を支えてもらうという取り組みも必要になります。

また、一方的に支援を依頼するだけではなく、共存していくという視点を持って、一方的に支えてもらうという事ではなく、介護サービス事業所から支援の依頼があった場合には、地域で協力できることは協力を行うという姿勢を持つことも大切です。

「お互い様」の意識を持ち、「支える側・支えられている側」という垣根を取り払い、できない事を、それぞれが補い合うという意識を持ち、地域づくりを行う必要があります。

3.地域社会の持続可能性に関する理念

○皆で資源をもちより、賢く・効率的に財源を使う

○地域社会の持続可能性を高める

 利用者への支援やサービスの質が確保でき、地域の福祉力が形成されたとしても、それが「持続」することができなければ、ただの打ち上げ花火と同じです。

地域で活動が根付いて、支え合う文化となるよう、短期間で作り上げるという視点の他に、長期的に運営を継続するという計画性を持つ必要があります。

人や物、サービスと社会資源は限られていますが、それぞれが持つ、どのような地域で暮らしていきたいという目的(ミッション)と、自分が地域を支えていくのだという情熱(モチベーション)を持ち続ける必要があります。

ガソリン 目的(ミッション)は時の流れとともに、個人や地域が抱える課題が変わっていくので、定期的に、地域のあり方がこのままで良いのか、考える機会を持つ必要があります。

また、情熱(モチベーション)に火が付いた後には、必ず燃料を注ぎ続けなければなりません。

 

具体的には、地域の方々と交流を行ったり、他地域の取り組みを学ぶなど、自己啓発を行う必要性があると思います。

しかし、どうしても一人だと、情熱(モチベーション)が下がる事は免れないので、仲間作りや、行政をはじめとする、支え手が必要となるのです。

生活支援コーディネーターの3つの活動理念を集約すると・・・

 「地域の課題を把握し、質の担保された生活支援サービスを、様々な関係機関と連携して提供、無ければ開発を行っていく。

 そして、持続した活動として続けられるよう、目的と情熱を持ち続けられるよう仲間と共に支え合う」

という事になります。

もし、生活支援コーディネーター活動で、行き詰まった場合や、迷いが生じた場合には、3つの活動理念の基本の立ち返って、自己分析を行われると、自分の立ち位置がわかり、必要があれば軌道修正を行うことができます。

 

 ぜひ、活動理念を忘れることなく、コーディネート活動に取り組みましょう!



スポンサーリンク