スポンサーリンク


足りない助け合い活動の創出(各論)続き

「移動サービス」

 「助け合い」としての「移動サービス」が紹介されています。
 ここでは、有償ボランティアとして行われる例が多いが、受け取る謝礼の内容により法令の適用の有無が決まるので、注意が必要となるために、道路交通法に法ったサービス展開が書かれています。

助け合い15

助け合い16
配食

 次には、「助け合い」としての配食の紹介がされています。
配食のカタチも様々で、ボランティアが調理、配達等を行う利用者宅への配食が食事提供者による身体機能維持の目的になる場合もあります。
また、単に食事の提供を受けるというだけでなく、栄養バランスの改善、安否確認、ふれあい(精神的交流)も目的にして有償ボランティアで行われるがますが、営利事業との競合が問題になる場合もあります。

助け合い17

 

 

認知症者に対する地域支援

 次は、認知症者に対する地域支援となり、認知症サポーター養成講座や市民後見人の活用の必要性が書かれています。
助け合い18

「高齢者の社会参加」

 次には、高齢者を支える層として期待できるのは高齢者層であり、社会に貢献しない生き方を恥とする高齢者の生活
文化の確立を行うために、 高齢者を社会参加に誘う多様な仕掛けを行っていくという「高齢者の社会参加」のアプローチ方法が記されています。

助け合い19

 市民大学・塾、家族・友人、地縁組織(町内会・自治会、新型組織)、NPO、経営者団体及び企業、活動拠点(公民館・学校)、情報・表彰、男性企業OBの参加促進といった紹介が行われており、地域の高齢者の社会参加を促すヒントが満載になっています。

「助け合い基金」

 次は、財政支援によって、自立性、自律性の高い助け合い活動を拡大する「助け合い基金」について書かれています。

助け合い20
さらに、基金づくりのステップまで可視化して書かれています。
助け合い21

 

他の制度と連携した助け合い活動の創出

 次は、他の制度4分野(障がい者等、生活困窮者、こども・子育て、認知症地域支援推進員)と連携した助け合い活動の創出について書かれています。
助け合い22障がい者等への地域生活支援との連携

 法令による地域生活支援事業の定義では、「障害者等、障害者等の家族、地域住民等により自発的に行われる障害者等が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるようにするための活動に対する支援を行う事業」とされており、今後は機能強化・体制整備を推進することとなります。

助け合い23

そして、地域生活支援事業の全体像の中で、どのように地域づくりをコーディネーターが行えば良いのかも書かれています。

助け合い24

生活困窮者への生活支援との連携

 経済的困窮には社会的孤立で悩む生活困窮者を支援する、「生活困窮者自立支援制度」との連携についても、具体的な入口から出口というカタチで見える化されています。
助け合い25こども・子育て支援との連携

 平成27年4月に本格施行する、子ども・子育て新制度の説明から、地域での子育ての重要性や交流の事例をふまえ、新地域支援事業と子ども・子育て支援との連携も書かれています。
助け合い26認知症地域支援推進員との連携

 認知症地域支援推進員は平成23年度に認知症地域支援推進員 (国の補助事業)として始まり、平成26年度から地域支援事業任意事業となり、平成27年度には包括的支援事業に移行し、平成30年度にはすべての市町村に配置される予定になっています。

 地域の認知症支援の中心人物である認知症地域支援推進員との連携について書かれています。
助け合い27ネットワークづくり

 必要とする人に、必要な助け合い・サービスが包括して届くようにするためのネットワークづくりが書かれています。
助け合い28
 特定個人に対し助け合い・サービスを提供する、人たちがつくるネットワークである「個別ネットワーク」と、個別ネットワークの構成を支援する機能を有する「事業者間のネットワーク」について詳しく説明が行われています。

助け合い29

地縁組織とNPOとのネットワーク

助け合い31

以上、助け合い活動創出ブック【改訂版】まとめ後編でした。

 

助け合い活動創出ブック【改訂版】は

→ こちらをクリック

 

前回記事:助け合い活動創出ブック【改訂版】まとめ前編



スポンサーリンク