地域包括ケアシステムの必要性

地域包括ケアシステムの必要性

本人と家族の介護の希望

 地域包括ケアシステムでは、「住み慣れた地域」で「自分らしく暮らせる」ように、適切な医療や介護、保健などの生活支援や福祉サービスが包括的に提供される事を目的としています。 つまり、施設や病院に入院することなく、最後まで在宅で不安なく暮...
地域包括ケアシステムの必要性

介護費用の爆発的増加

 超高齢社会となり、介護費用が増え続けている日本。 では、実際にどれだけ増えてきているのか、介護保険制度が開始された平成12年度からの推移を見てみましょう。 11年間で2.3倍の増加 出典:厚生労働省「介護費用の推移」  介護費...
地域包括ケアシステムの必要性

介護給付費の現実と限界

 地域包括ケアシステムの構築が必要な理由として、介護給付費、つまり国が介護にかけるお金が足りなくなるという事が予測されており、これから先、高齢者が増えるにあたって、今までのような介護に関して、国がお金を出すことが難しくなっていています。...
地域包括ケアシステムの必要性

支え手不足の実際

 超高齢社会が世界に類を見ない、前代未聞のスピードで進行しているという事は、周知の事実ですが、それだけが問題ではないのです。 どれだけ高齢者が増加したとしても、高齢者を支える「支え手」がいないこと、つまり、「少子化」が超高齢社会の、も...
地域包括ケアシステムの必要性

認知症高齢者の増加

 医療、介護、地域支援が必要な時に受けられ、安心して生活を送ることができる「地域包括ケアシステム」の構築が必要と言われる理由の一つとして、認知症高齢者の増加があります。 では、実際、どれだけ認知症高齢者はいるのでしょうか?また、今後は...
地域包括ケアシステムの必要性

高齢化の地域差

 日本の超高齢社会では、65歳以上の高齢者数は、2025年には3,657万人となり、2042年には3,878万人となり、ピークを迎える予測が立っています。 しかし、それは日本全体を見た指標であって、実は、地域格差があるという事を知って...
地域包括ケアシステムの必要性

独居・高齢者世帯の増加

独居高齢者の孤独死。 高齢者世帯の老々介護・認々介護。  テレビや新聞で、社会問題として取り上げられる事がしばしばある問題。 「自分の生きている世界とは、別の世界の問題」と考えがちな問題ですが、あなたの家の隣の住民が、そのような問...
タイトルとURLをコピーしました