スポンサーリンク


 生活支援サービスの開発を行うにあたり、先駆的な成功事例を蓄積しており、全国に普及啓発活動をしている「さわやか福祉財団」

今回は、さわやか福祉財団が作成された「助け合い活動創出ブック」について情報をお伝えいたします。

さわやか福祉財団とは?

 さわやか福祉財団とは、弁護士で元検察官の堀田力さんが1991年に設立した公共財団法人です。

さわやか福祉財団の活動理念

 さわやか福祉財団の活動理念は、みんなが最後まで尊厳を持って生きあえる、「新しいふれあい社会の創造」となっています。

 さわやか福祉財団は、近隣同士の温かいふれあいや、助け合いが少なくなってきた現代だからこそ、それぞれの人が、地震を大切にして、お互いの個性やプライバシーを尊重しながらも、困ったときには「お互いさま」と自然にふれあい助け合う、生き生きとした温かい地域社会づくり、新しいふれあい社会づくりを目標として活動を行われています。

さわやか福祉財団の活動事業

ふれあい推進事業

 さわやか福祉財団では、ふれあいボランティア活動を行う団体の設立・運営を実際に行いながら、地域における包括的なネットワーク作りを、自治体へ個別実践アドバイスを行いながら活動をしています。

特に、生活支援サービスに関する、生活支援コーディネーターや協議体についての取り組みの先進的実践者として、ノウハウを全国に発信され、注目が高まっています。

社会参加推進事業

 勤労者や学生・生徒およそ1,200万人の社会参加が必要であるとして、独自の取り組みを行っています。

例えば、「名刺両面大作戦!」として、名刺の裏に自分が所属するNPO・NGOや町内会、趣味の会などを印刷してもらう運動で、両面に印刷された名刺を活用して、広く企業の間接的社会貢献のPRや自分も地域に社会参加を促しています。

また、高齢者のみではなく、子供の人間力を育むために、学校の放課後の居場所や地域の子どもの居場所づくりや啓発活動を積極的に行われています。

情報・調査事業

 さわやか福祉財団では、啓発するだけではなく、参加の促進まで発展させる為に、情報誌「さあ、言おう」を発行しています。

また、市民の声を社会の制度づくりに反映するために、政策提言・渉外活動を定期的に行われています。

助け合い活動創出ブック

tasukeai-book

 

 助け合い活動創出ブックは、さわやか福祉財団が地域の支え合い活動促進の為に作成されたガイドブックとなっています。

わかりやすく、専門用語をかみくだいた内容にイラストをつけて書かれており、専門家だけではなく、一般の地域の方にも、支え合い活動を理解しやすい内容となっています。

 

目次は下記の通りです。

1.目指す地域像

2.足りない助け合い活動の創出(総論)

 2-1 足りない活動の把握

 2-2 足りない活動の創出・通則

3.足りない助け合い活動の創出(各論)

 3-1 地縁活動

 3-2 居場所

 3-3 地域通貨

 3-4 有償ボランティア

 3-5 「助け合い」としての移動サービス

 3-6 「助け合い」としての配食

3-7 認知症者に対する地域支援

3-8 高齢者の社会参加

3-9 助け合い基金

3-10 他の制度と連携した助け合い活動の創出

  3-10-1 障がい者等への地域生活支援との連携

  3-10-2 生活困窮者への生活支援との連携

  3-10-3 こども・子育て支援との連携

  3-10-4 認知症地域支援推進員との連携

4.ネットワークづくり

 4-1 ネットワークのイメージ図

 4-2 ネットワークの種別

 4-3 個別ネットワーク

 4-4 事業者間ネットワーク

 4-5 地縁組織とNPOとのネットワーク

 さわやか福祉財団は、新しい地域支援事業をはじめるにあたり、助け合い活動創出ブックを元に、都道府県レベルで研修講師として活躍をされています。

私自身も、さわやか福祉財団の研修に参加をさせて頂いた事があり、助け合い活動創出ブックの説明や、実際に地域の関係者とグループを作り、地域課題の抽出を行ったり、市町村レベルで協議体を立ち上げるには、どのように取り組むのかを話し合い、実際に行動ができるレベルまで話し合いが発展した等、効果がある研修を開催されています。

saa-iouまた、「新しいふれあい社会づくり」を、読者の声を寄せてもらいながら、誌面から追求していく問題提起型の情報誌「さあ、言おう!」では、生活支援サービスに関する情報が満載です。

毎月1回 発行 年間購読料(12号)3000円、1冊250円(いずれも送料込み)となっており、定期購読をおススメします。

※2015年5月現在、過去の「さあ、言おう!」がアップロードされています。

ご興味がある方は → こちらをクリック

 



スポンサーリンク