生活支援コーディネーター向けのオンライン研修会に参加して逆に迷った時に見る記事&動画


スポンサーリンク


生活支援コーディネーター向けのオンライン研修会、めちゃくちゃ多いですよね。

  • 先進事例の紹介があるが「課題を見つけました!」で終わって、これからどうすればいいの?と消化不良に
  • コロナ禍でも、支え合いが進んでいるけど、自分の地区じゃ無理
  • 地域ケア個別会議と自立支援が出来るように!といきなり言われて「あれ、みんなで協議体して課題見つけるんじゃなかったの?」

と、迷いの洞窟にはいってしまい、迷子になっている方が多いんじゃないかと思っています。

生活支援コーディネーターの学びの洞窟

生活支援コーディネーター向けの研修会には大きく分けて3つの内容を行われていると思います。

①【従来型】協議体で話し合って地域課題を解決

②【深掘り型】本当の地域課題なの?地域課題を見つけよう

③【自立支援型】個別ケア会議、短期集中サービス等から自立

上記3つの研修内容を循環していくと、迷いの森に入ってしまいます。

現場の生活支援コーディネーターからの意見として聞かれるものは・・・

・全部大事だけど、どれから手を付けていけばいいかわからない
・学習したいけど、どう学習すればいいかわからない
・実践的に体系化して、マニュアル化して欲し得て欲しい

という声を聞くことが良くあります。

そこで、私が考える生活支援コーディネーターの実践方法を図にしましたので参考にしていただければ幸いです。

それでは、文章だけではわかりにくい方のために、動画解説を行いましたので、詳しくは動画解説をご確認下さい。

動画解説

参考動画:生活支援コーディネーター具体的な活動の進め方!現実的な計画の立て方紹介

 



スポンサーリンク